審美歯科での治療

口元がきれいに見えるように審美歯科に通うケースが増えてきましたが、その治療の中でも一番多くの方が希望しているのが、ホワイトニングと呼ばれている歯を白くするものです。

ホワイトニング確かに、最近発売されている歯磨き粉でもホワイトニングを掲げている商品が目立つようになってきました。一日3回、自分でホワイトニング剤が入っている歯磨き粉で磨くこともできるのですが、結果が出てくるまでに時間がかかってしまいますし、個人差にもよりますが、持病を抱えていたり、生まれつきの資質で歯の表面が白くならない人も多いものです。また、本格的なものですとマウスピースを用いてホワイトニング剤を付け、歯に当てるものもあるのですが、強めの薬剤が入っていることが気になります。

だからこそ、審美歯科で行われているホワイトニングの治療が人気になっているのでしょう。審美歯科に通うことは簡単ですが、歯科医院と言っても歯をきれいにするという目的ですので保険適応外になってしまうでしょう。

歯磨きだけでは落としきれない歯の表面の汚れをしっかりと落とすだけのクリーニング治療とは違いますので、そこからさらに白くするための治療へと進みます。トータルで考えても通うたびにかなりの金額がかかってしまいますので余裕がないと難しいのかもしれませんね。